Relation, appropriate distance #prototype
中澤有基 写真集

2,000円+税 | 297×210mm | 48ページ | カラー
限定50部

Relation, appropriate distance #prototype
Photographs by Yuki Nakazawa

2,000JPY+ tax | 297×210mm | 48page | color
softcover | Limited 50 copies

Published in september 2014

About Book
『人間が己れの志向を成就させるためには、空間的諸関係を「了解」し、それを一つの「空間概念」の中に統一しなければならないのである』(ノルベルグ・シュルツ「実存・空間・建築」より)

中澤有基の眼差しは一体どこへ向かっているのか。考えれば考える程、理解に苦しむ。必要なまでに情報を排除した世界。時折写 る人々の装いにより、辛うじて此処は日本であろうと判断出来る。しかし、中澤有基にとって場所の特定や写 真の文脈など、取るに足らないことかもしれない。徹底的に圧縮された画面 の奔流は息苦しく、孤独で不快な快楽を与えてくれることを期待する。
gallery Main、Gallery 9のディレクションに加え、自らも作家として活動する中澤有基の処女写 真集。

 

Artist Statement
"Relation, appropriate distance "
角度や距離によってモノの見え方は変わり、 関係も距離によって変容する。 関係とは、AとBで初めて成立し、 距離もまた、AとBがあって成立する。 無関係な”何か”と”何か”が、写真の中で関係を結び、 それ自らが新しく世界を始める。 そこには”視覚”と”認識”に対する問いかけがある。


Artist Information
中澤 有基 Nakazawa Yuki
(写真家/ギャラリスト/写真企画運営)
www.nakazawayuki.jp

1980年 生まれ
2004年 ビジュアルアーツ大阪 写真学科卒業
2010年1月 galleryMain をオープン
2011年11月 FOTON photo projectを立ち上げ
2012年1月 GALLERY 9 kyoto ディレクター着任
2012年2月 FLAT - kansai students photographers -(関西学生写 真チーム)開始
2012年11月 京都写真教室Tract(トラクト)開講 ギャラリー運営に加えて、様々な写 真プロジェクトを企画。
自身も個展を開催するなど作品制作も精力的に行っている

galleryMain
GALLERY 9 kyoto
FOTON photo project
京都写 真教室 Tract
FLAT - kansai students photographers -

主な展示
2010年写真展「臨界」(galleryMain)
2011年写真展「流レ」(galleryMain)
2012年 天津優貴 × 中澤有基 写真と映像展『バイバイ、ママ』GALLERY 9 kyoto
2012年9月 KyotoCurrent展出展(京都市美術館別館)
2013年1月 個展「震える森、焦点の距離」(GALLERY 9 kyoto)
2013年4月 KYOTOGRAPHIE+にて 個展「SAKURA010」(galleryMain)
他グループ展多数

| 特定商取引に基づく表記 | 個人情報保護に関する表記 | ショッピングガイド |
Copyright (c) 2014. CITYRAT press. All Rights Reserved.